検索
  • 直樹 江口

釣りをロマンチックに







幼馴染と。



朝5時


ちょうどまずめの頃


水温2度


最高のコンディションで迎えた岩魚キャンプ。










釣果は15〜27センチの岩魚12本

そのうちの2本の命を頂き

他はリリースする


山菜も一緒で必要な分だけを『山の恵み』として頂く。



鮎は草食で苔を食べて育つ

だからワタが苦くて美味しい


岩魚は雑食で

虫を食べるからお腹をキレイに掃除する。
















火起こし。


流木を集めて

できる限り自然のものを使って調理する。


そうすると時間がかかるので

たいてい嫌われるが


これが『ロマン』だ。



岩魚に多めの塩をふり、遠火でじっくり乾かすように時間をかけて焼く。

だから一番最初に焼き始め、一番最後、食事の締めに食べるのだ。


これも『ロマン』だ。


*現場に向かう途中岩魚キャンプの命である塩を忘れたことに気付いた。

山はたいていスーパーも何もない。

そうゆう時は、道中の民家や村の食堂で譲ってもらう。⇦(ロマン)





『ロマン』に欠かせないのがレルヒの惣菜だ

ラムチョップ。

そのまま食べられるよう調理してあるが、表面を鉄板で焼いた方が香ばしくてうまい。




パエリア。

60gのお米を持参し、パエリアの素とともに鍋に入れ、15分ほど火にかけるだけ。





レルヒの惣菜はアウトドアをロマンチックに変えるために作っているのでした。





ごちそうさまでした。



















26回の閲覧

フォロー

  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook

©2020 by 江口 直樹。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now